特注工具大歓迎!新工法をご提案!切削加工の総合情報サイト 特注工具.COM
難削材・高速加工!!
特注工具.COMは切削加工現場の問題解決を提供するNo.1総合情報サイトです。

  • HOME
  • お問い合わせ・資料請求
  • サイトマップ

切削工具のココがミソ!!工具製作のカンドコロ

アルミ材切削加工時のキズ防止

ボールエンドミルの先端は、どれも同じに見えますが、実は大きな違いがあります。
この違いが、切削加工の品質を左右します。こちらではアルミ材切削加工における、品質向上のためのボールエンドミルのポイントとをご紹介しております。

切削排出性が悪い場合

アルミ材をスクエアエンドミルで切削する際に発生するトラブルとして、加工後にワーク表面にむしれがあります。この要因としては、エンドミル底刃に切粉が残り、この切粉が悪さをしていると考えられます。こうしたことを防ぐには、底刃部分の切粉排出性を向上させてやることが必要となります。

アルミ材切削加工時のキズ防止 イラスト1

切削排出性が良い場合

アルミ材の切削工具として、エンドミル底刃の中ベコ部分(中底角)を通常の工具よりも深くして、切粉の排出性を高めると、切粉が残らない加工が可能となります。こうすることで、ワークにむしれをつけず、良好な仕上げ面とすることができます。

アルミ材切削加工時のキズ防止 イラスト2




ページの先頭へ


特注工具.COMは、グリーンツール株式会社が運営するサイトです。
Copyright (C) 2007 GREEN TOOL All Rights Reserved.

グリーンツール株式会社HPはこちら